Loading...

天運教会-ヘブンズフォーチュンチャーチ

アクセス&お問い合わせ

2019.12.21

クリスマスパーティー

12月21日(土)にヘブンズ・フォーチュン・チャーチにてクリスマスパーティーが開催されました。総勢250名以上の人が訪れ、盛況を博していました。参加者は、子連れのママさんや大学生、自治会の方たちなど老若男女を問わず、幅広い世代の方たちでした。

パーティーは三部構成となっており、一部は教会1階にあるカフェスペースで行われました。カフェでは、ママさんたちによる手作りのいちごケーキと飲み物が一人一人に提供され、終始和やかなムードでした。カフェ中央にある舞台では、サンタの姿に扮した男性たちによるクリスマスソングのアカペラや、楽器演奏が披露され、会場を暖かく包み込んでいました。演奏が終わるとビンゴ大会に移り、大人も子どもも興奮しながら、ゲームに臨みました。ビンゴ当選者には有名なお菓子や高級米などが贈られ、楽しいひと時を過ごしました。

一部が終わると、2階の教会本堂に移動し、二部が始まりました。二部では劇団ヒストリーによる演劇公演がありました。題目は「ドリームコーポレーション〜天国式働き方改革〜」。中途採用で入社したばかりの営業社員の村上さんが、職場環境の過酷さに悶えながら、働くこと、生きることの意義とは何なのか?など、人間の根源的なテーマについて問いかける作品でした。劇中、舞台の役者が観客席脇から登場するなどのサプライズがあり、役者と観客との一体感が生まれました。

演劇

劇のクライマックスにはヘブンズ・フォーチュン・チャーチの担任牧師が登場し、クリスマスの意味や人間の生きる意味についてなど、さまざまに聖書のお話をしてくださいました。「クリスマスとはイエス・キリストの生誕を祝う日であり、サンタの誕生日ではありません(笑)。一番知っているようで一番知らない存在、それが自分自身であること。そして、人間は皆が不老不死、永遠を求めていること」など、人間の根本的な部分についてのお話をしてくださいました。

劇が終わり、最後に教会の合唱団である聖歌隊が賛美歌を披露しました。曲目は「主が行かれた道」。イエス・キリストが行かれた道を褒め称え、賛美歌を歌いました。そして、最後に有名なクリスマスソングである「諸人こぞりて」と「きよしこの夜」を会場全体で歌いました。

手作りの軽食

二部が終了した後、三部では1階のカフェで軽食が振る舞われ、みんなが楽しいひと時を過ごし、パーティーの幕が閉じられました。

当サイトで掲載の写真・イラスト・文章等の転写・複製・
スクリーンショットを禁じます。