Loading...

天運教会-ヘブンズフォーチュンチャーチ

アクセス&お問い合わせ

なぜ牧師になったのか?

7月もあっという間に終わりますね。今月も本当にいろんな事がありましたが、自分のことを振り返る機会が多くありました。

よく、「何で牧師になったんですか?」と言われます。そりゃあそうだ(笑)。

答えは、表現が適切ではないと思うんですが、あえて言うなら「愛してしまったから」となるでしょうか。

最初は、自分の人生のことを知りたくて、御言葉を学ぶようになったんです。

そこから「神様」という存在を知るようになりました。それでもまだしばらくは、「自分の人生を成功させるために」神様のことを学んでいたんですね。

そして、学びながら実際に自分で行動して人生を生きていくとき、「神様のことを深く」知るようになったんです。目には見えない。でも、なんて愛すべき方なんだ。これに気づきました。

「神様」のことを深く知るようになったら、だんだんと神様のことを考えて、神様の考えを持って生きるようになりました。

そうすると、切っても切れないと言いますか、情と言いますか、だんだん「愛する」という気持ちになっていったんですね。

そうしてまたしばらく生きていくうちに、愛したら、愛する人が願うことをしたいと思うようになりました。

それが、具体的には「教会で働く」ということだったのです。それは「教会でお給料をもらって働く」ということではなく、教会で必要なことを責任を持ってする、ということです。

教会には沢山の人が集まってくるから、人と人が何かをすれば、誰かがしないといけないことが発生するわけです。正直なところ、お金にならないことが多いです(笑)。

自分も仕事をしているし、自分の生活はあるから、出来るなら面倒なことはしたくない。でも、誰かはしないと皆が困る。もっと困るのは、神様がもっと困る。

自分は神様を愛している。愛している人が困っている。じゃあどうする?それは絶対にやるでしょう。

ということで、教会で働く、ということをするようになったわけです。

教会は何で運営するのか?愛と真理です。

食堂は美味しいご飯を提供する。居酒屋は美味しいお酒や皆が集える空間を提供する。会社は仕事やお金を提供する。

教会は、愛と真理が提供できないと人は来ませんし、運営が出来ないのです。

それで、愛と真理を本気で勉強するようになりました。その結果、神様に牧師にさせて頂いたということです。

子供の頃、私の母は関東の人間で、田舎の小さな町に馴染んでいなそうでしたから、母に何でこんな田舎に住んでいるのかを聞いたことがあります。そうしたら「お父さんと一緒になったからだよ」と答えが帰ってきました。そういうものなのかな、と思いましたが、今になってよく意味が分かります。

別にそこに住もうと思っていなかったけれど、愛する人の住む街に一緒に住むうちにその街が自分の街になり、好きになる。

自分は興味も関心もなく、やりたくない仕事だったかも知れないけど、愛する人がやっていて、望んでいるからちょっと助けているうちに、自分もその仕事の価値がわかって情熱を注ぐようになる。

そんなことは、世の中を見てみるとたくさんあると思います。

私も「牧師になること」が目的でも目標でもなく、「神様を愛してしまったから」神様が願うことをしているうちに、そのような人生になったということです。

今は、本当に感謝をしながら、この仕事をさせていただいています。

「牧師をしてなかったら何をしていますか?」ともよく聞かれますが、この人生しか、自分はなかったなと思います。

これからは?

もちろん分かりません。神様を愛する人になったから、神様がその時の自分に願うことを、喜びでやっていく人になっていきたいと思います。

私の人生で一番幸せなこと。それは、神様を愛するようになったことです。一生、そして永遠に愛しても大丈夫な存在を見つけたこと。このことに感謝し、忘れないでこれからも生きていきたいと思います。

この夏は、何をしようか。

夏。

この1文字は、僕の心に一瞬で火をつける力があります。とにかく、夏が大好きです。

夏が好きだからこそ、子供の頃から1番好きな時期があるんですが、それは初夏の七夕の頃、もっとミクロな感じで言うと6月最終週から7月の最初の週までです(笑)。

前夜祭とでも言うんでしょうか、「これからくる夏」を前にしたドキドキ感が味わえるのがこの時期の魅力で、子供の頃を振り返っても、いつもは許されない夜にホタルを見に行けたり、七夕の笹を取ってきて近所の家庭に売りさばいてお小遣いを稼いだり(10円くらいですが)、その辺に生えているビワやスモモなんかを盗み食いしたり、悪ガキでしたから、スリル満点、胸躍る時期でした。

夏と言えば昆虫の季節ですが、去年命を終えたカブトムシのペアから、9匹が無事に成虫になりました。小学生の長男が先生に許可を取ってクラスに持っていったところ、大人気。クラスのアイドルになっているようですが、もう卵を産んだとか言っていました。カブトムシはすぐ死んじゃうんですが、大量の卵と子孫を残すんですよね。

一方で、クワガタは去年のものがまた夏を迎えるようになりました。卵はカブトムシほどは産まないし、卵を返すのも手間がかかるものの、長く生き延びる。虫にもそれぞれ個性がありますね。

1年で1番好きな、6月の終わりから7月の上旬ですが、最近は大変な時期になってしまいました。毎年のように豪雨や洪水の被害が発生し、心が痛いニュースを聞きます。特に今年は、コロナウイルスの影響もあって、長い梅雨がさらに長く感じるようになってしまいました。

被災された方々や、大変な状況にあられる方々のために、祈る夏にしたいと、前回の記事でも書かせていただきましたが、早くこの事態が収まっていくことを祈るばかりです。

さて、皆さんそうだと思いますが、今年の夏ほど、やりたいこと、やろうとする計画が決まっていない夏はありません。大好きな季節なんですが、さて、どうしようかなあ、という状況ですよね。

インターハイや夏の甲子園は中止、子供たちも夏休みは短縮され、県をまたいだ移動は控えることを推奨されて旅行に行けるかもわからない状況ですし、この夏、何を楽しみにしようかなと。

そんな中、いつも私が学んでいる牧師先生が、こんな話をしてくれました。

ある60歳くらいの方からこんな質問を受けたそうです。「この歳になったけれども、神様が自分に下さった使命が分からない。人間として生まれてやることは何なのか」と。

それに対して彼が祈って、答えたことが、「生活があなたの使命だ」ということでした。

「今やっていることがあなたの使命だ。あなたが今生活していることが、あなたの使命だ。」

この意味を説明しますと、使命とは、与えられた重大な任務のことです。すべきことをしなければ人間は存在できないように、自分がすべきことが必ず毎日ある。

しかし、自分のこと、個人個人が生活の中で「本当にすべきこと」を知ることが難しい。だから人間として何をすべきなのか、より詳しく知っている人に聞き、学ばなければならない。その根本は、神様だ。

「ハッキリ分かって行なうことと、分からないで何となく行なうこと」、「分かって生きることと、分からないで生きること」では全く結果が変わってくる。だから、まずは、「分かるように」「悟れるように」生きよう。

「悟る」ということは、根本をはっきりとわかることです。知らない食べ物を目で見たことが「分かる」なら、実際に食べてみて食感や匂い、温度なども分かることが「悟る」ことです。

つまり、自分の存在する価値や意味をハッキリ分かって、人生の味を感じながら、自分がすべき生活を、生き生きと生きていきなさい、というメッセージでした。

「生活が使命だ」。

この言葉、本当にしっくり来ました。改めてこの夏は、しっかりと生活の1つ1つを見直し、次元を上げる夏にしようと思いました。

カブトムシの虫かごを見てみると、彼らはただ毎日、一生懸命エサを食べています。

何か考えているのかな。不安なことはあるのかな。そう思いますが、毎日エサをやると、毎日カラになっています。彼らなりに、生活を使命として、全力で生きているんですね。

人間として、人間らしく、しっかりと生活していく夏にしていきたいと思います。

今年は「祈りの夏」に

少し前になりますが、三男が突発性発疹にかかりました。

突発性発疹というのは、乳幼児期にかかることが多い病気だそうで、長男、次男もかかりましたが、今回の三男はかなり大変でした。

この病気の症状として突然高熱が出るのですが、どんどん熱くなって41度まで上がり、抱いているこちらが汗が出るくらいでした。私自身はもちろん、家族を含めて41度は初体験、さすがにほんとに心配しました。

いろんな可能性があるということで病院に何回か行ったんですが、数日経って突発性発疹であるということがわかりましたが、それまでは変な病気になったんじゃないかと本当に心配でした。

おでこや首筋に冷たいものを当てましたが、それも嫌がるのでなかなか下がらず、脳炎にならないかなど、続けて心配は尽きませんでしたね。

熱が下がった後は、発疹が全身に出て機嫌が悪くなるケースが多いそうなんですが、教科書通りの状態で、全身にものすごい発疹。

そして機嫌が最悪でした。三男はいつもニコニコ、本当に穏やかな性格なんですが、180度変わったかのように、何をしてもイヤイヤで、暴れまくりました。抱っこから降ろすと必ず暴れるので、その週はずっと嫁と交代で抱っこでしたが、足腰崩壊寸前でした(^^;;

突発性発疹の対処方法として「治るまで耐えるしかない」という状況で、もちろん1番頑張ったのは三男ですが、 1週間、家族全員に影響が出る、なかなかハードな闘いでした。

余談ですが、この時期何をやっても泣きじゃくって、笑わなかった三男。唯一笑ったのが、「ピコ太郎」の手洗い動画でした笑。

このときは、ピコ太郎が神様、イエス様の顔と重なって見えました。ピコ太郎、手洗い動画を作ってくれてありがとう〜!神様、ピコ太郎に作ろうという思いを与えて下さって感謝します〜!

三男の突発性発疹のことを通して、いかに健康なことが恵まれたことなのか、幸せなことなのかを痛感しました。

熱にうなされる子供を抱きながら、何はなくても無事であってほしいと何度も祈りました。

日本、世界に目を向けてみると…

今も痛みや病気と闘って、苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。

コロナウイルスの問題、洪水や豪雨被害の問題など、私達の身近なところで多くの問題が起こっています。

ご本人の痛みもそうですし、家族や関係者方々の痛みも合わせると、今は日本、世界が一緒に痛みを抱えているときです。

本来ならもう少しでオリンピックが開幕する時期だったと思いますが、今年の夏は予想もしなかった問題と戦わざるを得なくなりました。

1人でも多くの尊い命が守られ、困って苦しんでいる人々に平安な日々が早く訪れることを願ってやみません。

少し前、サラリーマン生活を忙しくしながらも、教会で生き生きと活動する仲間がこんな話をしてくれました。

「毎日、時間が空いたら『なんかしなきゃ』と思っていたんですよね。そんなとき、『祈りも大きな仕事だ』という言葉を思い出したんです。お祈りを熱心にしてみたら、心と胸が熱くなり、行動する時にもっと力が湧いてきました。」

バタバタと慌ただしくしていたときだったので、とても感動を受けました。

『祈りは、仕事だ。

私達が心を込めて、神様に祈れば、「神様が」動いて下さる。

私達が直接動いてもアリのようだが、神様が動かれたらゾウのようだ。

だから、忙しくアリのようにただ動く前に、まず「祈りの仕事」をしよう。

祈りというのは、神様を動かすことだ。』

私はこんなことを、教会で学びました。

コロナウイルスの問題のため、世界の平和のため、人々の命が守られるため、私は何が出来るだろうか?そう思われる方もいるかも知れません。

体は1つしかありませんから、助けに行きたくても今すぐ飛んでいけない事情もあるでしょう。

でも、祈りは、自分の場所で出来るのです。

小さな祈りかもしれませんが、その祈りが大きな力となることを信じます。

皆で一緒に、「祈る夏に」していきましょう。

当サイトで掲載の写真・イラスト・文章等の転写・複製・
スクリーンショットを禁じます。