Loading...

天運教会-ヘブンズフォーチュンチャーチ

アクセス&お問い合わせ

父の背中

6月21日は父の日。私たちの教会ではオンラインでイベントを行ないましたが、50~70代のお父様が多数参加して下さいました。参加してくださった皆様、運営してくださった方々、ありがとうございました。

お父さんたちが駆け抜けて来られた時代は、昭和から平成、そして令和へ。まさに激動、社会が激変する時代でした。

年功序列・終身雇用の社会から、転職は当たり前・早期退職を求められる社会へ。

書類・はんこ中心の社会から、パソコン・データ中心の社会へ。

上司が絶対の時代から、部下のメンタルケアを常に気にしなければならない時代へ。

マイカー・マイホームを夢見て頑張った時代から、カーシェア・シェアハウスを手軽に利用する時代へ。

月末は現金で給料を持って帰り家族に感謝される時代から、銀行振込によりお父さんの権威が落ちる・キャッシュレス決済の時代へ。

物知りお父さんが重用される時代から、スマホで何でも調べて「お父さんスマホ買って黙ってて」と言われる時代へ。

退職後に年金をもらい老後を楽しむ時代から、老老介護が必要になり年金もどんどん減る時代へ。

もし先にこれから起こる変化を告げられて「乗り越えてね」と言われたら、「え!?」と誰もが躊躇するような、時代の変化ではないでしょうか。もちろん、「対応するしかなかった」というお父さん方の答えが返ってきそうですが、今改めてすごい時代を生き抜いてこられたと感じます。

環境の変化に対応するだけでも大変な中、家族のため、会社のため、社会のために頑張ってきてくださったお父さんたちがいたからこそ、豊かで、安全な今の社会があると思います。改めて、お父さんたちに伝えたい言葉は、「本当にありがとう」です。

私が自分の父を、「親父」と呼ぶようになったのは、中学生の頃でした。同じ時期、「お母さん」から「おかん」に変わって母はとても嫌がっていたそうですが、父は密かに照れながら喜んでいた、と母が言っていました。

父のことは本当に大好きで、とても尊敬しています。自分も父親になってみて思うことは、父はいろんなことを分かっていた上で、じっと我慢し、見守って、支えてくれていたんだなということです。自分の浅はかさ、至らなさ、愚かさを恥ずかしく思うことも沢山ありますが、父と自分の経緯を振り返ると、自分もそのように子供や周りの人に接して生きようという大きな心を持つことが出来ます。

私は高校や大学の頃、父とお酒を飲むことを楽しみにしていた時期がありました。世の多くのお父さんと同じように、父もそうだったでしょう。

息子にとって父親というのはあまりにも大きな存在であり、一方で超えていくべき存在でもあり、素直に正面から話すことは照れくさく、難しかったりします。だからこそ、お酒の力を借りて、父と本音で話す時間を持ちたい、そう思うのでしょうか笑。

私はその後お酒を止めたんですが、父と食事に行ったとき「飲むか」と言われ、「あ、俺、酒止めたんだよ」と言ったときの、父の残念そうな顔は今でも覚えています。

実家を離れ、父と離れて暮らしてからの歳月の方が長くなりました。私が知らない父の人生があり、父が知らない私の人生もあります。

今はお互いに忙しく、また一緒に酒を飲むことは出来ませんが、いつかまた、父と少しでも良いから一対一で、ゆっくり話してみたいなと思います。どんな質問をしてみようか。結局、「最近どうよ?」で終わりそうですが笑。

父も高齢になってきましたから、元気でいてくれていることが何より感謝ですが、元気なうちにそういう機会が早く来るように努力したいと思います。

親の背中を見て、子は育つ。そう言いますが、これまで逃げることなく(ときには逃げたかも知れませんが笑)、正面で荒波や突風を受け止めてくれたお父さんたちがいたから、今の私達がいます。

他人や社会に対してあれこれ批判をしたり、文句を言うことは簡単ですが、自分がその立場だったらどうしていたでしょうか。批判や批評も時には必要ですが、まずその環境の中で精一杯頑張ってきて下さった人がいることを知ろうと心掛けることや、感謝する心を忘れてはいけないと思います。

これまで頑張ってきて下さったお父さん方の健康と、これからのご活躍を心から願っています。

私の父もそうですが、多くの日本のお父さんたちと、酒は飲まずも、牛乳でも飲みながら胸襟を開いてゆっくり話してみたい。

そう思い、願った父の日でした。

梅雨を楽しく過ごす方法

梅雨に入りましたね。

雨や曇りの日が多く、洗濯物も乾きませんから、気分もなかなか乗ってこないかもしれません。

そんな雨の季節を楽しく過ごすため、皆さんいろいろ工夫をされているかもしれませんが、私なりのこの時期しか出来ない、とっておきのオススメの過ごし方を3つお伝えしようと思います。

①雨の中のランニング

寒い季節、雨の中のランニングはただただ辛いですが笑、この時期はランニングで火照った体を、雨が冷ましてくれるので心地良いランニングが出来ます。

さすがに土砂降りの中は厳しいですが笑、霧雨のような天気の時は、ランニングに最適!とても心地良いです。

ちなみに終わったあとはすぐシャワーを浴びて、早めのケアをお忘れなく。

②この時期の花々を楽しむ

梅雨の季節と言えば、定番のアジサイですね。赤や紫の花がとても綺麗ですが、その土地の土壌が酸性かアルカリ性かで色が変わるってご存知でしたか?

リトマス試験紙のように、鮮やかに花の色が変わるわけですから、万物の神秘ですよね〜。

植物ですら影響を受けるわけですから、私たちもどんなところで過ごすか、育つかで当然影響があるわけです。良い環境づくりをしていきたいですよね。

話がそれましたが、私がこの時期1番オススメしたい花が、梔子(くちなし)です。

この花は初夏、今の季節にだけ咲く真っ白でとても綺麗な花なんですが、何よりオススメなのがその香りです。

雨上がりの街を歩いていると、雨に濡れてより強くなったくちなしの香りが漂ってきて、どこにあるのかな?と探して白い花を見つけた時には、なんとも幸せな気分にさせてくれます。

サラリーマン時代、通勤で通る道の植え込みにたくさん咲いていて、当時は毎晩帰りが遅かったんですが、真っ暗な中に咲いた真っ白いくちなしが疲れを癒してくれたのをよく覚えています。

このくちなし、実は道路の植え込みなど街の中にたくさん植えられていますから、皆さんも是非探してみてください。きっと幸せな気分になれますよ。

③傘をさして森に出かける

雨の中、林や森に出かけると、いつもと違う楽しみがたくさんあります。

水に濡れた木々の間を歩くだけで、マイナスイオンが充満していますから、良質な酸素をたっぷり吸えて、一気にリフレッシュできます。

雨傘や長靴、レインコートはキレイな色の物も多いですし、ファッションとして楽しむのも良いですね。身につけると、子供に戻ったようで「濡れるのが嫌だ」と思っていたのが嘘のようで、むしろ雨に濡れるのが楽しくなります。

アニメ「となりのトトロ」で、トトロが傘に落ちてくる雨粒の音を楽しんでいたように、いろんな音、いろんな匂い、いろんな色、いつもとは違って感じることがたくさんあります。

前後の準備とケアはちょっと大変ですが、雨の森散歩は必ずや思い出に残る散歩になるでしょう。

今日は数あるオススメの中から、3つをお伝えしましたが、どうだったでしょうか。

そんなこと知ってるよ!やってるよ!という方法ばかりだっかもしれませんが…笑。

自然は神様が作った大傑作品。

良いところは「生きている」ので、毎回出会えるもの、感じられるものが違うので、飽きが来ないんですよね。

神様は、全世界の人々が、また長い長い間使っても使っても、飽きるどころか、もっとよい発見があるように自然万物を造られました。

どんな環境でも、どんな状況でも、どれくらいその価値を見出して、楽しむかで、私たちの過ごし方が変わってきます。

梅雨の季節にしか楽しめない、この時期ならではの良さ、素晴らしさを満喫して、豊かに楽しく過ごしていきたいですね。

皆さんのオススメの過ごし方があったら、是非教えてください(^ ^)

新橋駅での15秒の邂逅

今から10年以上前、2005年の暮れ頃だったでしょうか。仕事での移動中、新橋駅の公衆トイレに入ったときのことです。

「お父さん、外で待ってるわよ」「うん」

そんな夫婦の会話が聞こえたあと、見覚えが有り、親近感のある初老の男性が入ってこられました。

手に下げた大きな紙袋とバックを前の棚に置くと、男性は私の隣で用を足しながら、上を向いて「ふうー」っと大きくため息を付きました。

親戚のおじさんのような、妙に親しみのある方だったのですが、誰なのかパッと思い出せず、「取引先の方だったかな」と記憶をたどりながら、同じタイミングでトイレの外に出ると、男性を待っておられたご婦人の姿を目にして、ようやくわかりました。

拉致問題解決のため、最前線で頑張っておられた、横田滋さんでした。

「あ!」と思ったときには、ご夫婦は先を急ぐかのように、足早にお昼の新橋駅の雑踏の中に消えていかれました。

ほんの15秒ほどのことだったのですが、今でも強烈に印象に残っています。

当時の私は将来の事を考えながらも、目の前の自分の仕事や生活で手一杯で、疲労困憊でした。

「今日はどんなご飯を食べようか」「次の給料日にはどんな服を買おうか」といったことを考えるのが、移動時間のちょっとした気分転換でした。

そんな中、私よりも年配で力も弱っておられたけれども、目的地に向かって懸命に進んで行かれる横田さんの小さな背中が、私に言葉にはならない何かを語りかけてくれました。

「頑張ってください」の一言も言えず、それすらの力にもなれなかった自分にも不甲斐なさを感じましたが、非常に身勝手ではありますが、画面越しに見ていた方と15秒だけ一緒に過ごすだけですごく近く感じられ、その後の拉致問題のニュースは一層他人事に思えなくなりました。

その後、このときの光景がたびたび脳裏に浮かび、どう解決すれば良いのか分からない問題に対して、全力でぶつかっていかれる横田さんの姿を思い出し、「自分もいたずらに時を過ごし、変化の時を待ってばかりではいけない。問題意識を持って生きなければならない」と決心をしたことを覚えています。

横田滋さんがお亡くなりになったというニュースを聞きました。

娘さんとの再会を待ち望み、娘さんを助け出すため、その他の拉致被害者の方々のためにも立ち上がって、個人の力ではどうしようもないような大きな大きな問題に全力で取り組まれた人生は、私などには計り知れない相当のご苦労がお有りだったと思います。

奥様、ご家族の方々のご健康、この問題の解決と共に、横田滋さんの安らかなお眠りをお祈り申し上げます。

私達が生きていく時、解決しなければならない問題は、本当に数多くあります。

私達は今も様々な問題に直面していますが、これからどんな問題に直面し、何のために闘い、生きていくのか。

これは私達の考えではとてもわかりません。

これまでも多くの方々が、その人生を平和のために、自由のために、捧げてこられて今日の社会があります。

たしかに問題は多いかもしれませんが、それでも過去に比べれば、良い時代に私たちは生まれました。

今の価値を知り、安逸に過ごしてはいけません。

先人たちや、不遇の状況の中でも闘っていらっしゃる方々への尊敬の心を忘れず、今与えられていることへの感謝を抱いて、しっかりとした問題意識を持って生きていきたいものです。

これから1人でも多くの尊い命がきちんと守られ、真の自由と平和が守られる社会になることを、切に願ってやみません。

自分の力ではなく、偶然のようにこの時代に、この場所で、世に生を得たからこそ、自分がぶつかっていくべき問題・課題に対して、全力で挑み、努力をしていきたい。

私たちのあとにも続いていく世界のために、今我々の取るべき行動責任をしっかりとっていきたい。

改めてそう思わせて下さった、新橋駅での15秒間でした。

当サイトで掲載の写真・イラスト・文章等の転写・複製・
スクリーンショットを禁じます。