Loading...

天運教会-ヘブンズフォーチュンチャーチ

アクセス&お問い合わせ

私達が知るべきことは何か

19時といえばNHKニュース。巨人戦か大相撲、時代劇以外はほぼNHKと、子供の頃のチャンネルは決まっていました。田舎で育ちましたから、テレビのチャンネルがNHK、教育テレビ以外はフジと日テレの2局だけでした。時代を感じますね(笑)。

小学校高学年の時に衛星放送のアンテナが届き、海外の面白いアニメや映画、NBAバスケットボールなどが見れるようになった時の興奮は凄かったです。

中学生の時にケーブルテレビが見れるようになり、当時バンドをやっていた私は音楽専門チャンネルの存在に感動した記憶があります。

何か知りたいことを調べると言えば辞書か、毎年発行される「知恵蔵」という分厚い本で調べていました。電話帳には大体友達の住所と電話番号が載ってましたから、年賀状を書くときにはよく見ていましたね。令和の今では信じられないことです(笑)。

最近はスマホ、パソコンで世界中の色んな情報を簡単に手にすることが出来ますし、インターネットでは関連するニュースが処理しきれないくらい出てきて、ついつい要らない情報まで調べてしまいます。

この情報氾濫社会の中で、本当に私達が知るべきことはなんでしょうか?

知識の豊富なはずの大人が気付かないことを、純粋な心の子供たちが教えてくれることはたくさんあるのですが、今でも強烈に覚えている幾つかの学びをご紹介します。

長男が4歳の時、「なんで◯◯なの?」「これ何?」と何でも聞いてくる時がありました。

ある時、「なんで空は青いの?」と聞いてきました。とっさに聞かれて、「あれ。。可視光線とか、粒子とか学んだな。でも4歳児にどう説明しよう?(^^;;」と答えに窮しました。悶々として悩んだのですが答えが見つかりません。

そこで「そうだねー、なんで青いと思う?」と聞き返してみました。するとこんな答えが返ってきました。

「それはね、神様が1番キレイな色で作ったからだと思うよ。」

…! うん、確かにそうだ。

悶々としていた私の心は、不思議と雲ひとつない青空のように晴れ渡っていきました。

またある時、子供と釣りをしに行って大量にアジが釣れた時がありました。

私は嬉しかったものの、いつもとは全然違う釣果を前にして「時間帯が良かったのかな?餌や仕掛け?落とした深さかポイント?」とあれこれ考えていたんですが、

そんな私を全く気にせず、次男が満面の笑みで「神様がいっぱい釣れるようにしてくれたんだなあ。神様ありがとうー!今日は幸せだなあ。」と言ったのでした。

…!! そうだなあ。釣果の原因より何より、まず海や大自然で楽しく過ごさせてもらい、大事な生き物の命を下さったことに感謝しなければならない。と思って、恥ずかしくなったのでした。

感謝して、1匹残らず頭からしっぽまで美味しくいただきました(^^)

知識や情報は私たちを豊かにし、発展させてくれます。しかし時に、私たちの大切なものを忘れさせてしまいます。

イエス様は、誰でも心を入れ替えて幼子のような心を持たなければ、天国に入ることはできないと言いました。

天国とは、私たちの心の中にあるものです。つまり、心が平安であり、恵みと感謝に溢れて、愛と喜びに満ちていれば、どんな環境でも天国のように暮らすことができるのです。

知恵や知識を得ながらも、大切な子供のような純粋な心を失わずに生きていきたいものです。

毎日大変なニュースが世間を騒がし、洪水のように溢れる情報社会の中で、私たち1人1人の清い心が曇らず、真実を見ることのできる目がぼやけずに守られることを、心から祈ります。

緊急事態宣言中の東京で過ごす中で思うこと

家のベランダに放置していた、昨年植えて収穫が終わったミニトマトが、豆粒ほどの実を実らせました。あまりの小ささに子供たちと大盛り上がりでしたが、実際に食べてみると、しっかりトマトの味がしました。暗いニュースが多い中で、誰の世話も受けずに育っていた小さな小さなトマトの実が、我が家に少しの笑いと喜びを与えてくれました。

4月22日現在、緊急事態宣言の範囲が日本全国に拡大され、コロナウイルスの感染が日本全国に広まっています。

肉体的、精神的、経済的な影響が私達の生活の様々な分野に拡大しており、事態は深刻です。痛みの中で闘っていらっしゃる皆さんの痛みが、少しでも和らいで快方に向かうことを心からお祈りしております。

また、特に医療関係者の方々、そのご家族のご苦労は計り知れないと思います。私達の教会にも医療関係で活躍される方々が多くいらっしゃいますが、日本や世界で命を懸けて闘って下さっている医療関係者の皆さんのために、無事が守られますよう、感染拡大が最小限となるように切実にお祈りを捧げます。

私達の教会でも、コロナウイルス感染防止対策として、すべての活動をオンラインに切り替えてから約10週間が経過するようになりました。

これまでの間行なってきた、礼拝や教育プログラム、スポーツや芸術などの文化活動、会員の皆さんやそのご家族の方々、地域の方々との親睦の集まりなど、今年の計画をすべて変更せざるを得ない状況となりました。

今は、定期的にオンライン上での集まりを開催していますが、当たり前だった日常の日々がどれほど祝福だったのか、感謝すべきことだったのか、改めて強く感じざるをえません。

私も説教を伝える(教会で撮影、オンラインで配信)こと以外は在宅で業務を行なっており、妻も働いているため、協力して時間を捻出しながら小学生と保育園児の3人の息子たちと向き合っていますが、多くの皆さんと同じようにもがきの日々が続いています。

同時に、子供たちにとっても今はストレスのかかる日々だと思うのです。彼らの年齢のときには思い切り外で遊んだり、友達と過ごす時間も必要ですから。

今は世の中のすべての人が、同じ痛みを抱えながら頑張っているときです。こういうときは、社会全体が「分け合う心」を持つべきではないでしょうか。

コロナウイルスの問題が起こる少し前、社会や世界の分断が問題視されていたことがありました。

今は、日本人もアメリカ人も、イギリス人もイタリア人も、アフリカの人々も、すべての人達が同じ恐怖と戦っています。ニュースで流れる悲しく心が痛む知らせも、自分の家族のことのように思います。人ごとではないからです。

聖書には、私達は1つの体であり、それぞれは個性通りに体の各肢体なのだと書いてあります。目は手に向かって「お前はいらない」といえず、すべての肢体は必要で、1つの肢体が痛んで悩めば同じように体全体が痛む、というのです。

イエス様は生きておられた時、周りの人々から人間扱いされていなく、忌み嫌われていた取税人ザアカイの家に行って食事をされました。これは当時の社会の主流であったユダヤ人から非難されることを分かった上で、彼と共にすることで同じ人格体と認め、愛する心を伝える行動でした。その心はザアカイや同じような境遇にいた人々に伝わり、彼らの心や人生を大きく変えました。イエス様の周りでは、様々な境遇の人々が決して多くはないパンや飲み物を分け合って、貧しくも豊かに生きていました。

東日本大震災のとき、福島で放射能汚染の可能性が指摘され、日本に滞在していた外国人が我先にと日本から脱出しました。その時私にキリストを教えて下さった牧師先生は海外におられご自身は到底来れない状況だったのですが、真っ先に現地の状況把握のために親しい人を送り、細かく被害状況を把握して、手紙も添えて1人1人に細かく支援をしてくれました。自国の政府よりも早く動く対応に、感銘を受け、心が動かされました。

自分が辛い時、「自分だけ」という心で生きるのは楽なことかもしれません。「相手を思いやり、分かち合おうとする心」は人間の欲や感情を超えなければ生まれませんから、時には難しいこともあります。神様はそのような「大きな心」「愛する心」をご自身がお持ちなので、そういう心で生きることこそが人間にとって大事なんだということを、神様の心が分かる人の行動を通して教えてくれました。

人間の心が神様に向いた時、心の周波数が合った人に、神様はその大きな心を人間に与えてくださいます。

「思い」が「行動」を生み出します。持っているものがなく、何かが出来なくても良いのです。神様のような真実な「思い」で「共感する」こと、そして「共にする」ということが大きいのではないでしょうか。


小さな豆粒ほどのトマトの実が、私たち5人の家族に喜びと平和をもたらしてくれたことを通して、どんなに小さな真心や思いやりだとしても、必ず誰かに力を与え、喜びを与えられるものだ、と学ぶようになりました。トマトに負けないように、私も努力していきます。

コロナウイルスの問題が早く終息することを心から願っていますが、この期間に「自分だけ良ければ良いという心」をウイルスとともに葬り去り、たとえ小さくても「分かち合う心」「相手を思う心」、神様のような「愛の心」を取り戻す世界になることを願っています。

当サイトで掲載の写真・イラスト・文章等の転写・複製・
スクリーンショットを禁じます。