Loading...

天運教会-ヘブンズフォーチュンチャーチ

アクセス&お問い合わせ

2020.7.21

神様との職場生活

こんにちは!Manaです。

オンラインの生活がニューノーマルになってきましたね。

社会人の私がこの期間、本当にありがたく思うようになったのは、
会社への移動時間がなくなって、時間通りに礼拝に参加できる回数が増えたこと!

毎週嬉しく思いながらも、テレワークをしていたある日、礼拝に参加できない日がありました。
今日は、神様がピンチな状況で問題を解決してくれたエピソードについて、みなさんにシェアしたいと思います。

会社にはさまざまな仕事がありますね。

「重要だけれども緊急でない仕事」というものもありますが、たまたま私が会社で長く手つかずだった業務を処理する担当になりました。

その仕事の納期が礼拝の日で、当日はチェックにチェックを重ねていましたが、終わりが見えてきた段階で最大の難関トラブルが勃発。
時計を見ると礼拝が始まった時間でした。

大量データを扱った仕事でさすがの上司も、WEBミーティングの画面越しに天を仰ぎながら「今日は深夜まで徹夜か。。」とひと言。

私もパソコンの前に座っていて、大げさに言えば1クリックで礼拝に参加できるのに、参加できない状況に動揺しつつも考えました。

コロナの前は、仕事終わりに疲れた体だったとしても、北野駅から教会まで猛ダッシュ(笑)して駆けつけていた礼拝。

教会で聞く神様の御言葉(みことば)は、私にとって新しく、面白く、時に自分を問い直すこともできます。考えやものの見方を変化させて、結果的に新しい生き方ができる、ほんとうに希望的な内容で、毎週楽しみにしていました。
(仕事にも活かすことだってできます!笑)

この状況を通してどう考えたらいいのかと疑問に思ったとき、新しい考えが思い浮かびました。

「神様から御言葉をもらうばかりじゃなく、仕事をすることを通して、私が神様に感謝と頑張る心をプレゼントしよう!」と転換するようになったんです。

そう決心した瞬間に私がとった行動は、トイレに行くふりをして(笑)、
web会議ツールのマイクとカメラをオフにして祈ったことでした。

「神様、礼拝が始まった瞬間にトラブルが発生しました。最後まで集中してがんばりますが、あまりにも貴重なデータを扱っています。神様どうかこの問題を一緒に解いてください!」

ひと言お祈りをして、web会議に戻ると上司は色んな仮説検証に追われていました。

私も神様に「どこのデータの何を見たらいいですか?」と心の中で質問をしながら思い浮かんだ考えを頼りに、データをゆっくり見ていきました。

プロセスは割愛して結果をいうと、大量のデータの中にあった共通している規則性を発見することで問題の原因を突き止めるようになり、納期にギリギリ間に合う形で業務を完了させました。

ちなみに祈ってから問題を発見するまでの時間、およそ10分~15分。

驚きだったのは、仕事が出来る上司ではなく、知識も経験数も少ない私が原因を発見したこと。そして「ファインプレーだ!」と上司からコメントをもらうこともできたのです。

このことを通して、「私の考えでは、神様は礼拝に集中していると思ったけど、仕事に共にしてくれて、問題も一緒に解決してくださるんだ!」というびっくり仰天なことに気づきました。

まるで絶対絶命なピンチのときに助けてくれるヒーローのように。

本当にヒヤヒヤしましたが、神様をはっきり感じられるようなシチュエーションを演出してくださったのかなと思うととってもうれしかったですし、「ピンチでも諦めない心」をつくる機会にもなりました。

みなさんも振り返ったときに、生活の中でラッキーなことや、七転び八起きなエピソードってありますか?
もしかしたら、それは神様がそっと助けてくれたことかもしれません。

もしもそのようなことが思い浮かんだら、神様にひと言、”ありがとう”と伝えてみてください。
神様も喜んでで受け取ってくださり、きっとうれしい出来事をみなさんにプレゼントしてくださると思います^^

Mana❀

当サイトで掲載の写真・イラスト・文章等の転写・複製・
スクリーンショットを禁じます。