Loading...

天運教会-ヘブンズフォーチュンチャーチ

アクセス&お問い合わせ

2020.1.27

1月25日開催 ボランティア講座

1月25日(土)に、教会1階カフェにて、ボランティアチーム主催の「ボランティア基礎講座」が行われました。

いつもは北野駅や八王子駅近辺でゴミ拾いや清掃活動をしているボランティアチームですが、今回は「そもそもボランティアとは何か」「自分にできるボランティアはないだろうか」という疑問に応えるべく、専門的な知識や観点も交えて楽しく講演してくださいました。

この日は、ボランティアに関心のある地域の主婦の方や若い学生などが参加し、とてもアットホームで温かい雰囲気でした。

最初に参加者全員のボランティアに対するイメージを共有し合った後、講演を通して「ボランティア」の定義や語源、ボランティアが本来持つ意味について学びました。

またボランティアに参加するメリットとして、自己の内面的成長、コミュニケーションや活動の範囲が広まること、高齢者支援、社会や他者の実質的な助けになれること、なども話していただきました。

このようなメリットに共感する一方で、それでもボランティアに対して積極的になれない人、行動に移すまでのメリットを見いだせない人たちにとっても、参考となる話もしてくださいました。

それは、

・環境や周りの人たちがどれほど自分と密接に関連していてつながりのあるものだと考えられているか

・自分の小さな行い一つ一つが、結局は自分が願っている理想的な世界を成すための大事なステップである

という二つの意識の重要性についてでした。

具体例として、海外での環境に対する意識や教育の差、価値観の違いについても話してくださり、私たち日本人も環境や周りの人たちに対する意識を変えていく必要があることを感じました。

また、各自が願う理想的な世界がそれぞれあるけれども、その一つの指針としてSDGs(Sustainable Development Goals)という国連が掲げている世界的な目標があることも話してくださいました。

SDGsについて学んだ後、参加者それぞれが、SDGsの17のゴールから一つをピックアップし、「自分にできる行動目標」を考えて、全員で発表し合いました。各自の生活の中で、小さくてもアクションを起こすことにより、理想的な世界に近づいていける、そのような希望とビジョンを見出す時間となりました。

聖書の中に「各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛してくださるのである」という聖句がありますが、この言葉のとおり、今年は生活の中でも、またボランティアを通しても、より「自ら積極的に」アクションを起こしていく一年にしたいと思いました。

当サイトで掲載の写真・イラスト・文章等の転写・複製・
スクリーンショットを禁じます。